京都から "飛2" の楽しいお知らせ♪

2019.4.10(水)Ram Jam Reggae @ Metro(京都)

20190410ramjamreggae400.jpg

2019.4.10(水)Ram Jam Reggae @ Metro(京都)

OPEN 21:00 ~

MUSIC CHARGE : 1,500 yen (inc.1d)

LIVE : Bagus!

MUSIC BY
Special guest : Sister yuumi / miharu
TAMA-I / chiemix / Shinichi "飛2" Shimomura

Live Painting : Naoki

Food : Sunny Place

Powerd by 飛2

【プロフィール】
20190410bagus.jpg


Bagus! https://twitter.com/team_bagus
和歌山出身のメンバーが中心となって結成されたバンド。
2015年より和歌浦バグースにて、自主企画「Bagus!しようや!」を毎年夏に開催。
過去の出演者は、本日休演、渚のベートーベンズ、THE Hillandon、richblack等。
2018年より京都のリズムトラックバンド、cocolo-Noのリズム隊を迎え精力的に活動中。
2019年3月1日に1st single『チークタイム』をリリース。


20190410yuumi.jpg
Sister yuumi
レゲエレコードコレクター&セレクトレス。
渡Jamaicaを重ね、90年半ばからはNew Yorkに在住。NY発レーベル”Black Redemption”に参加しセレクトレスとして現地で巡業する。近年、オリジナル飛飛機械©、セレクターShinichi”飛2”Shimonuraとのリンクによりセレクトレス活動復帰。現在、京都在住。

20190410miharu.jpg
miharu
京都市在住21歳。幼少期より音楽に親しむ。高校生の時に作った和モノセレクト集「和モノ high school mellow」や「日本メロウ大学」がネットレーベルAno(t)raksより配信。現在は「Light Mellow West」「木菟燈籠」「City」等に出演し、関西を中心に活動している。


20190410chiemi.jpg
chiemix
2014年京都の老舗レゲエバー"Rub A Dub"に働きだす。
そこでレゲエの基礎を勉強しdjとしてのスキルをアップ。
2019年2月に"Rub A Dub"を退社し今後のdjに期待。

20190410pyung2R-logo-150-150.jpg
Shinichi "飛2" Shimomura
静寂と夕凪の中、人と人を結びつける架け橋として生を受けた男。
温故知新に学び、所作を重んじるその人間は多くの人を魅了する。
知る人ぞ知る飛飛機械の生みの親でもあり、自らカテゴライズできないただの音楽好き、と定義づけするセレクターでもある。
日常を楽しみ、非日常を愉しむ。本日も晴天なり。

20190410naoki.jpg
Live Painting:Naoki(4649やーまんず)
ペインター。地元京都を拠点に活動中

METRO
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵美須ビルBF
Tel:075-752-4765
京阪電車でお越しの方は、神宮丸太町駅2番出口階段を上がりきるまでにあります。
地上からお越しの方は、川端丸太町交差点東南の京阪電車入口からお入り下さい。
http://metro.ne.jp

  1. 2019/04/10(水) 21:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.3.25(月)GLIDERS(東田トモヒロ 小沼ようすけ) LIVE TOUR 2019 「BE-IN」@ METRO(京都)

20190325onumahigashida4001.jpg

2019.3.25(月)GLIDERS(東田トモヒロ 小沼ようすけ) LIVE TOUR 2019 「BE-IN」@ METRO(京都)

OPEN 20:00~

「GLIDERS」
サーフロック、オーガニックミュージックのシーンを牽引し続ける孤高のシンガーソングライター 東田トモヒロと、ワールドワイドに活躍し常に新しい音に挑戦し続ける日本のトップジャズギタリストの一人に数えられる小沼ようすけによるユニット。
二人を繋ぐキーワードは "Music and Surfing"。
ライブやプライベートセッション、旅を重ねた彼らが満を持して放つ極上の音色は聴く人の心に深く染み渡る。

前売り 3,500yen + 1drink fee / 当日 4,000yen + 1drink fee

※早割 3,000yen ドリンク代別途 [受付期間:1/21~1/25]<5日間>
 
---------------------------------------
<一般PG前売り>
ぴあ (Pコード: 141-474)
e+ ( https://bit.ly/2TRSkjx )
にて1/26より発売開始 https://eplus.jp/sf/detail/2846860001-P0030001
※ローソンは無し
----------------------------------------------------------------
★期間限定:3,000yen ドリンク代別途 [受付期間:1/17~1/25]<9日間>
※『特別先行早割お申し込み方法』 → タイトルを「3/25 GLIDERS早割希望」
として頂いて、お名前と枚数を明記して 宛でメールして下さい。
----------------------------------------------------------------
※前売りメール予約:
  上記早割チケット期間以降は、前売予約として、
  ticket@metro.ne.jpで、前売料金にてのご予約を受け付けています。
  前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。
----------------------------------------------------------------

LIVE:GLIDER

Supported by 飛2 , UNIT


●東田トモヒロ http://www.higashidatomohiro.jp/
1972年生まれ熊本市在住。ニューヨークでのレコーディングを経て2003年にメジャーデビュー。
旅とサーフィンとをこよなく愛し、音楽を通して『LOVE&FREEDOM』をメッセージし続けるシンガーソングライター。
その持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、ソロライブだけでなくフジロックフェスティバル、サマーソニック、ap bank festival、greenroomfestival、windblow、大小問わず数多くのフェスに出演しピースフルな空間を作り出して来た。
自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等身大の楽曲は、全国各地においてたくさんのファンを魅了し、長く愛され続けている。
2017年7月にはミニアルバム「ひだまり」をリリースし、その収益の10%は自然環境の保護に取り組むアウトドアアパレルブランド、patagonia に寄付されている。
2018年夏には通算14作目となるアルバム「Wonderful Road」をリリース。
福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに九州から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト「change the world」の代表を務める。


●小沼ようすけ (Jazz Guitarist) http://www.yosukeonuma.com/
14歳でギターを始める。
2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。
現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。
2004年、リチャード・ボナ(ba)、アリ・ホニッグ(dr)をフィーチャーしたトリオアルバム"Three Primary Colors"をNyで録音。
2010年、フレンチカリビアンのミュージシャン達とレコーディングした「Jam Ka」発売。
グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。
2016年、Flyway LABELを設立。
第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、 「Jam Ka Deux」をリリース。
ジャズをベースに様々な国を旅して得た影響、経験を音楽に採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続けるギタリスト。
GIBSON社、La Bella社、DV Mark エンドースメント・アーティスト。
エレキギターの他にナイロン弦アコースティックギターも使用する。


■お問い合わせ:
UNIT 075-241-2832
mail: unit.kyoto@gmail.com
web: unitkyoto.com

メトロ web: <https://www.metro.ne.jp/single-post/190325>


METRO
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵美須ビルBF
Tel:075-752-4765
京阪電車でお越しの方は、神宮丸太町駅2番出口階段を上がりきるまでにあります。
地上からお越しの方は、川端丸太町交差点東南の京阪電車入口からお入り下さい。
http://metro.ne.jp
  1. 2019/03/25(月) 20:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.3.17(日)YOSSY LITTLE NOISE WEAVER LIVE @ きんせ旅館

20190317yossy1400.jpg

2019.3.17(日)YOSSY LITTLE NOISE WEAVER LIVE @ きんせ旅館

OPEN 18:00 START 19:00

MUSIC CHARGE 前売り 3,000yen (要 drink order)

[前売ご予約・お問い合わせ]
きんせ旅館 : 075-351-4781
メールでのご予約も受け付けています。
ご予約はこちらから → kinseinn@gmail.com

LIVE:YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

Supported by 飛2

20190317yosy400.jpg
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER https://www.yossylnw.com/
DETERMINATIONS、BUSH OF GHOSTSでの活動を経て、YOSSY(キーボード・ヴォーカル)とicchie(トランペット・トロンボーン)が2005年に始動したユニット。
2005年 EGO-WRAPPIN’の中納良恵をヴォーカルに迎え1st.album『PRECIOUS FEEL』を発表。2007年2nd.album『WOVEN』、 2010年3rd.album『VOLCANO』をリリース。
それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでも活動している。icchieは"Mr.Childrenヒカリノアトリエで虹の絵を描く”のメンバーとして2016-2017年のツアーにも参加。
ライブではYOSSYの個性的でドリーミーな歌声とカラフルなアレンジのピアノにicchie のハスキーなトランペットをフィーチャーしたオリジナルPOPサウンドを展開。
自然豊かな山深くに自宅兼プライベートスタジオを構え、親交の深いミュージシャンを招き、4枚目のフルアルバムを制作。
参加アーティストはハナレグミ、伊賀航、栗原務(Little Creatures)、波多野敦子 、椎野恭一、石井マサユキ、小池龍平。
2018年7/4に4th.album『Sun and Rain』リリースする。
小西康陽氏がアルバムと同時リリースした7インチシングル「GHOST」を2018年の「ダントツ1位」とコメントするなど好評を博す。


より大きな地図で きんせ旅館 kinseryokan を表示
きんせ旅館 https://www.facebook.com/kinseryokan/
京都市下京区西新屋敷太夫町80
075-351-4781
  1. 2019/03/17(日) 18:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.3.15(金)/ 16(土) BLENDED KYOTO NIGHT @ y-gion(京都)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2019/03/15(金) 17:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.3.9(土)JAZZY SPORT KYOTO 1ST ANNIVERSARY cro-magnon"cro-magnon city" & VaVa"VVORLD" RELEASE PARTY @ METRO(京都)

20190309jsk11400.jpg

2019.3.9(土)JAZZY SPORT KYOTO 1ST ANNIVERSARY cro-magnon"cro-magnon city" & VaVa"VVORLD" RELEASE PARTY @ METRO(京都)

OPEN / START 24:00

前売り 2,500yen ドリンク代別途 / 当日 3,000yen ドリンク代別途
※早割 2,000yen ドリンク代別途 [受付期間: 2/1 ~ 2/7 ]<7日間>

<一般PG前売>・・・・2/9より発売開始!
チケットぴあ (Pコード:143-518)
ローソンチケット (Lコード:56915)
e+ ( https://bit.ly/2FYgVAE )

--------------------
★期間限定!特別先行早割チケットを発売!!
早割 2,000yen ドリンク代別途 [受付期間:2/1~2/7]

※『早割お申し込み方法』
→ タイトルを「3/9 JAZZY SPORT早割希望」として頂いて、
お名前と枚数を明記して 宛でメールして下さい。

--------------------
※前売りメール予約:
  上記早割チケット期間以降は、前売予約として、
  ticket@metro.ne.jpで、前売料金にてのご予約を受け付けています。
  前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。
--------------------


LIVE:cro-magnon / VaVa / DAICHI YAMAMOTO

DJ : DJ Mu-R / DJ GAJIROH

FOOD / SHOP : JAZZY SPORT KYOTO

Supported by Supported by COCALERO , NUSA CANA


【プロフィール】
20190309cromagnon.jpg
cro-magnon (Jazzy Sport) http://www.cro-magnon.jp
1996年、米国ボストンにて、大竹重寿 (Dr. & Per.)、コスガツヨシ (Gt. & Bass)、金子巧 (Key.)が出会いsessionを始める
1999年、帰国後、『Loop Junktion』を結成
1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースするが惜しまれつつも2004年に活動停止
同年、進化した三人が原点に立ち返り、『cro-magnon』として活動開始
ステージの大小を問わずオーディエンスを必ず踊らせる演奏が韓国や東南アジアでも人気爆発
2009年、2度目のヨーロッパツアーを成功させ、同年8月に通算4枚目のフルアルバム『4U』をリリース
2010年12月、cro-magnon初となる全曲Vocalistとのコラボレーションアルバム『joints』をリリース (参加アーティスト : 土岐麻子、さかいゆう、七尾旅人、Roy Ayers、TWIGY、GAGLE、鎮座ドープネス、S.L.A.C.K. & PUNPEE、MC KAN、三宅洋平、有坂美香、Steve Spacek)
2012年4月、初のベストアルバム『THE BEST』をリリース
同年7月には人気漫画『へうげもの』とのコラボレーションアルバム『乙』をリリース 吉幾三をフィーチャリングした楽曲等で新境地を見せる
2013年、3度目のヨーロッパツアーを敢行し、その記録映像が『THE NORTH FACE』の公式YOUTUBEチャンネルにアップされ話題になる
2014年、7月には5枚目のオリジナル・アルバム『Ⅴ』をリリース、全国40カ所以上のツアーを成功させる
2016年、RHYMESTERのDJ JINとのジョイントプロジェクト “cro-magnon-jin” としてのアルバムをリリース
2019年、"cro-magnon city" RELEASE
新しい価値観の創造に向けて今後の活躍が期待される

20190309VaVa400.jpg
VaVa https://www.summit2011.net/artists-1/vava/
2012年からビートメイカーとして活動を開始。これまでビートメイカーとして、2013年「Blue Popcorn」、2016年「Jonathan」と2枚の作品を発表。
またTHE OTOGIBANASHI’Sの1stアルバム「TOY BOX」や、2ndアルバム「BUSINESS CLASS」ではリード曲「Department」のプロデュースを担当。
そして2017年、VaVa自身による全曲フル・プロデュースの1st ラップアルバム「low mind boi」をリリースした。
その他にも、平井堅「魔法って言っていいかな?」のオフィシャルRemixや、サニーデイ・サービス「Tokyo Sick feat. MARIA VaVa Remix」を手掛けるなど、HIPHOP層以外のアーティストからも高い支持を受けている。
2018年には、YouTubeにて新曲 "Call"、"現実 Feelin' on my mind"、"93' Syndrome"を発表し、8月にそれらをまとめた作品「Virtual」を配信。「Virtual」では、全楽曲をVaVa自身がプロデュースでのラップ楽曲を収録し、10月にリリースした「Idiot」では、Futureのプロデュースを手掛けるKINGBNJMNやDivine Council、Playboi cartiのプロデュースを手掛けたICYTWATをはじめ、全て海外のビートメイカーを起用して制作された。そして12/26には、VaVa自身のビートプロデュースで、tofubeats、BIM、in-d、JUBEE、OMSB、そしてYogee New Wavesのボーカリスト角舘健悟など、VaVaがリスペクトするアーティスト達とのコラボレーション楽曲を収録した最新作「Universe」を発表。

daichi400.jpg
DAICHI YAMAMOTO
1993年京都市生まれのラッパー / 美術家。日本人の父とジャマイカ人の母を持つ。18歳からラップとビート・メイキングを始め、京都を中心にライブを行う。2012年からロンドン芸術大学にてインタラクティブ・アートを学び、鑑賞者をパフォーマーへと変える彼のインスタレーション作品には、ラッパー=パフォーマーとしての経験が反映されており、アーティスト側からも高い評価を得ている。
ロンドン芸術大学在学中に、SoundCloud上に発表した音源が話題を呼び、JJJ(Fla$hBackS)やAaron Choulai、Kojoe、The Nostalgia Factoryらとコラボした楽曲を次々に発表し、Eleking誌のインタビューで、Olive Oilが「好きなラッパー」として言及するなど、注目が高まった。
2017年にイギリスから帰国しJazzy Sportに所属。続く2018年には、Aaron ChoulaiとジョイントEP” Window “を発表。収録曲 "All Day Remix feat. GAPPER & 仙人掌 “ は、MVも発表し話題となる。さらに、STUTS / 桑原あい / QUNIMUNEなどのアーティストとの客演曲も発表し、現在最もデビューアルバムが待たれるMCの一人である。

20190309mu-r400.jpg
DJ Mu-R (GAGLE / Jazzy Sport / Proceed Music Store)
仙台を代表するヒップホップグループ・GAGLE(ガグル)のDJ。95年にターンテーブルとミキサーを手に入れDJ活動を開始。自分の原点(90′s HIP HOP)を大切にしつつ、そこから派生する様々なジャンルをプレイ。ジャズ、ソウル、ファンクなどのルーツミュージック~ハウス、テクノ等、幅広いジャンルを取り入れながらも、唯一無二の研ぎ澄まされた世界感を構築するプレイスタイルから、ヒップホップファンだけに留まらず多くの耳の肥えたリスナーを虜にしている。GAGLEの活動においては、作品で聴ける切れと深みを併せ持つスクラッチ、ライブで魅せるLIVE DJとしての確固たるステージングスキルも評価が高い。LIVE MIXに拘ったMIX作品を定期的にリリース、そのスリリング&グルーヴィーな内容に多くのファンが存在する。地元仙台を中心に2005年から行われているDJパーティー 『Sound Maneuvers』を主宰。仙台、東北を中心に全国各地でプレイ中。18年11月に自身が店主を務める『Proceed Music Store』を仙台にオープンした。

20190309gajiroh400.jpg
DJ GAJIROH
京都出身京都在住。
2枚のアルバムをリリースしている"BONGBROS"所属のDJ。
多数のMIXCD、自身のSoundCloudで展開するFREE MIX等をリリース。
2019年より盟友DJ MUKECCHOとインタビュー形式のネットラジオ"BONGRADIO"をスタート。


METRO
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵美須ビルBF
Tel:075-752-4765
京阪電車でお越しの方は、神宮丸太町駅2番出口階段を上がりきるまでにあります。
地上からお越しの方は、川端丸太町交差点東南の京阪電車入口からお入り下さい。
http://metro.ne.jp

  1. 2019/03/10(日) 00:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.3.9(土) JAZZY SPORT KYOTO 1ST ANNIVERSARY INSTORE EVENT @ JAZZY SPORT KYOTO

20190309jsk12400.jpg

2019.3.9(土) JAZZY SPORT KYOTO 1ST ANNIVERSARY INSTORE EVENT @ JAZZY SPORT KYOTO

OPEN 12:00 ~

entrance fee 1,000 yen

WORLD WIDE FM~WWKYOTO 公開収録 guest : cro-magnon
DJ : OKINO SHUYA / TAMURA MASAKI / KOSUGA TSUYOSHI(cro-magnon)

DJ : JAZZY SPORT KYOTO CREW

Live Painting : BAKIBAKI

Shop : JAZZY SPORT LIMITED COLLECTION

Food : TUNA BOWL

Supported by COCALERO , NUSA CANA , CHILL OUT

++++++++++++++++++++++++++++++
Worldwide FMは「音楽の伝道師」と慕われるラジオ/クラブDJのGilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーションです。Londonに本部を置き、今やLA、 Rio de Janeiro、 Brussels、Tokyo、 Paris、そしてBerlinに勢力を広めた世界が注目するオンライン・プラットフォームが、ついに京都サテライトをスタート! DJ沖野修也率いる京都で活躍するDJたちが、ロンドン経由で世界へと「京都の粋」を上質な音楽セレクションと共に発信します。
++++++++++++++++++++++++++++++

20190309cromagnon.jpg
cro-magnon (Jazzy Sport) http://www.cro-magnon.jp
1996年、米国ボストンにて、大竹重寿 (Dr. & Per.)、コスガツヨシ (Gt. & Bass)、金子巧 (Key.)が出会いsessionを始める
1999年、帰国後、『Loop Junktion』を結成
1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースするが惜しまれつつも2004年に活動停止
同年、進化した三人が原点に立ち返り、『cro-magnon』として活動開始
ステージの大小を問わずオーディエンスを必ず踊らせる演奏が韓国や東南アジアでも人気爆発
2009年、2度目のヨーロッパツアーを成功させ、同年8月に通算4枚目のフルアルバム『4U』をリリース
2010年12月、cro-magnon初となる全曲Vocalistとのコラボレーションアルバム『joints』をリリース (参加アーティスト : 土岐麻子、さかいゆう、七尾旅人、Roy Ayers、TWIGY、GAGLE、鎮座ドープネス、S.L.A.C.K. & PUNPEE、MC KAN、三宅洋平、有坂美香、Steve Spacek)
2012年4月、初のベストアルバム『THE BEST』をリリース
同年7月には人気漫画『へうげもの』とのコラボレーションアルバム『乙』をリリース 吉幾三をフィーチャリングした楽曲等で新境地を見せる
2013年、3度目のヨーロッパツアーを敢行し、その記録映像が『THE NORTH FACE』の公式YOUTUBEチャンネルにアップされ話題になる
2014年、7月には5枚目のオリジナル・アルバム『Ⅴ』をリリース、全国40カ所以上のツアーを成功させる
2016年、RHYMESTERのDJ JINとのジョイントプロジェクト “cro-magnon-jin” としてのアルバムをリリース
2019年、"cro-magnon city" RELEASE
新しい価値観の創造に向けて今後の活躍が期待される

20190309bakibaki400.jpg
BAKIBAKI
1978年大阪生まれ。 2001年京都市立芸術大学卒業。
ミニマルな直線の繰り返しが有機的な曲線を描いていく独自の"BAKI柄"をシグネチャーとして全国や世界各地に壁画やライブペイント、ワークショップで足跡を残している。その図案は現代の和柄としても浸透しており、伝統的な京表具や武防具とのコラボレーションや増上寺光摂殿の襖絵、世界遺産の姫路城へのプロジェクションマッピング素材提供、大阪国際空港屋上壁画ワークショップなどを手がけている。
http://bakibaking.com


〒650-0086 京都市東山区弁財天町19 y gion 5F
JAZZY SPORT KYOTO
050-3668-1575
  1. 2019/03/09(土) 12:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.2.24(日)Spinna B-ILL Acoustic Live @ Veg Out(京都)

20190224bill1.jpg
20190224bill2.jpg

2019.2.24(日)Spinna B-ILL Acoustic Live @ Veg Out(京都)

OPEN 18:00 / LIVE START 19:00

MUSIC CHARGE 前売り 2,500yen(要 drink order) / 当日 3,000yen(要 drink order)

[前売ご予約・お問い合わせ]: Veg Out 075-748-1124  / cafevegout@gmail.com

出演 : Spinna B-ILL、Yota Kobayashi、chiemix

Supported by 飛2,Veg Out

20190224BILL_new.jpg
Spinna B-ILL https://www.spinnab-ill.com/
シンガーソングライター、パフォーマー。2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始。「ライオンの子」でレゲエリスナーの圧倒的支持を得るも、2005年に惜しまれつつ解散。
その後 Simply Redのギタリスト Kenji Jammer との活動を経て、ソロシンガー “Spinna B-ILL” として「Re:Program」[STAND ALONE」の2枚のアルバムをリリース。
2015年1月には初のカアヴァーアルバム「ROMANTIK NOISE」をリリース、オリジナルの新曲として収録した「あるがまま」がファンの熱い支持を受け、後にHOME GROWNのレゲエリミックスが7inchレコードで限定販売された。
フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンドといった変幻自在のスタイルを操る。
大胆で繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスとリリックで魅せるライブは幅広いオーディエンスの堅い支持を 得ている。
レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、Spinna B-ILLがマイクを持つと 最早ジャンルの壁はない。
ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた、刺さる言葉でつづられた歌詞もまた根強いファンを獲得している理由だろう。
まさにOne&Onlyなシンガーである。

20190224kobayashi.jpg
Yota Kobayashi https://ameblo.jp/blog420yota/
レゲエ・ミュージシャンとして活躍する父親のもと、生まれた時から音楽に触れ育つ。
中学生の頃からギターを始め、バンド活動にいそしむ。2002年 には、レゲエ・バンド Dubbing Stone結成。
その後、並行して、レゲエバッキング・バンドのStoned Rockersを結成、Reggae Disco Rockers、Jungle Roots等にもギタリストとして加入。
自らのステージやレコーディングの他、サポートとしても、横浜レゲエ祭等の多くのフェス、ツアーで、Fire Ball、Spinna B-ILL、MOOMINをはじめとするアーティストのステージに出演し活躍中。
また、作曲家・トラックメイカーとして、多くのアーティストのレコーディングにも参加。
最近作としては、FIRE BALL、MOOMIN、PAPA U-Gee、MICKIY RICTH、DAISEN、、といったレゲエアーティストから、JAY'ED、ヴィジャンドゥ、等POPフィールドのアーティストの作品にも及ぶ。



Veg Out http://vegout.jp/
〒 600-8133
京都市下京区七条通加茂川筋西入ル稲荷町448 鴨川ビル1F
TEL:075-748-1124
[営業時間] Tue-Sun 8:00-21:00 (L.O.20:00)
[定休日] Monday
  1. 2019/02/24(日) 18:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.2.22(金)「どうぞどうぞ」をしらべる OPENING PARTY @ y gion 4F

20190222ygion_DMA400.jpg
20190222ygion_DMB400.jpg


2019.2.22(金)「どうぞどうぞ」をしらべる OPENING PARTY @ y gion 4F

OPEN 18:00 / CLOSE 23:00

entrance fee 1,000 yen

ギャラリートーク:佐々木遊太

DJ:土生"Tico" 剛(Little Tempo)/ カバタミホ (CARIB SOUL) / Shinichi "飛2" Shimomura

FOOD:むんと食堂

Supported by 飛2

【プロフィール】
20190222sasaki400.jpg
佐々木 遊太
1982年生まれ。大学時代、終電を逃して宿泊したサウナにて、ホスト、ホームレス、ヤクザ、子ども、外国人など、様々な人が休憩室のテレビを見て共に笑っている状況に遭遇し、ピントが明確になる。以降、多様な背景を混在させる状況を生むメディアを目指すようになる。大学卒業後、ユニット「ささき製作所」をスタート。街頭紙芝居師(東京都公認ヘブンアーティスト)、日本科学未来館展示スタッフを経て、現在は東京藝術大学社会連携センター特任研究員、および東京大学CSIS小林研究室学術支援職員を兼務しながら、ささき製作所にて自主制作を行なっている。作品「鈴木よしはる」で、WIRED CREATIVE HACK AWARD 2016グランプリ受賞。「即席紙芝居」「ズームイン顔」で、第15回・第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品選出。「キウイとパパイヤマンゴーズ『東京のフォホー』MV」で、ANIFEST国際アニメーション映画祭ビデオクリップ部門ノミネートなど受賞歴多数。本プロジェクトで、平成30年度文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業採択。

20190222tico400.jpg
土生"Tico" 剛 http://www.littletempo.com/
スティールパン奏者、Little Tempo、お花見スティールオーケストラ、チエコビューティー&にゃーまんず等での演奏や、Eテレ ムジカピッコリーノ出演、ハナレグミのプロデュース等で活躍中。

20190222kabacyan400.jpg
カバタミホ (CARIB SOUL)
「関西ジャマイカンオールディーズ女子部所属。しがないレコードコレクター。ジャマイカ音楽その他モロモロ。ジャンルを飛び越え、はばひろーい選曲を心掛けております。」

Shinichi "飛2" Shimomura
静寂と夕凪の中、人と人を結びつける架け橋として生を受けた男。
温故知新に学び、所作を重んじるその人間は多くの人を魅了する。
知る人ぞ知る飛飛機械の生みの親でもあり、自らカテゴライズできないただの音楽好き、と定義づけするセレクターでもある。
日常を楽しみ、非日常を愉しむ。本日も晴天なり。

むんと食堂 https://www.instagram.com/munsyoku/
河原町高辻にあった居酒屋。現在は京都市内各所にて、ちょっとひねったご飯を提供中。出没情報は instagram → munsyoku アルバイト募集中。(店主が。)


y gion
〒650-0086 京都市東山区弁財天町19
075-533-8555
http://www.ygion.com/
  1. 2019/02/22(金) 18:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.2.13(水)SPECIAL OTHER vol.7 @ METRO(京都)

20190213spo1.jpg

2019.2.13(水)SPECIAL OTHER vol.7 @ METRO(京都)

open 20:00-
DOOR : 1000yen (inc.1d)

【DJ】
TAMAI-I / 飛2 / DJΠO / John / YAN / 5364 / SAKUMA / YUHO / DJ FunkyNassau / oisi

【Photo】
Sakino

【livepaint】
ねe夢

【FOOD】
ravenala

METRO
〒606-8396
京都市左京区川端丸太町下ル京阪神宮丸太町駅2番出口 恵美須ビルBF
Tel:075-752-4765
京阪電車でお越しの方は、神宮丸太町駅2番出口階段を上がりきるまでにあります。
地上からお越しの方は、川端丸太町交差点東南の京阪電車入口からお入り下さい。
http://metro.ne.jp
  1. 2019/02/13(水) 20:00:00|
  2. イベント ライブ情報

2019.2.3(日)『旅する春宵の料理と音楽会〜魅惑のオリエンタルな世界へ〜』 @ & noma CAFE(京都)

20190203mamamilk.jpg

2019.2.3(日)『旅する春宵の料理と音楽会〜魅惑のオリエンタルな世界へ〜』 @ & noma CAFE(京都)
<演奏:mama!milk / 料理:& noma CAFE >

民族や国境、次元を越えて想いを馳せる旅から生まれた音楽は力強く美しく、人々を別世界へと誘う。
皆さまと共に魅惑の旅へと…
新たな出会いと門出を願い。

open 17:30 / start 18:00

料金:お食事(w1d) 6,500 yen (限定 14名様) SOLD OUT ありがとうございます!

mama!milk http://www.mamamilk.net/
生駒祐子(アコーディオン)、清水恒輔(コントラバス)によるユニット。1999年 1st.album『abundant abandon』発表以降、京都を拠点に各地で演奏を重ねながら、折々に自由なアンサンブルを編成しアルバム作品を発表している。
近年は、作曲・生演奏・滞在制作を通して、白井晃演出舞台、塩田千春展 、前川秀樹展等、舞台作品や美術作品のサウンドトラックに深く関わる他、旅の途上で、曽我大穂とバルセロナや沖縄や金沢で、Gak Satoとミラノや京都で、Tuulikki Bartosikとエストニアで共演、阿部海太郎、巽勇太とサイレント映画伴奏付上映会の音楽・装置を担当するなど、その活動は多岐にわたる。2017年には10thアルバム「ラコルド・コントラバンド」を発表。禁制品、密やかな合意…といった意を含むタイトルのもとに数多くの演奏会が開催され、ワルツやタンゴ、クラッシックや実験音楽などを叙情豊かに行き交う楽想が、各地の様々な場の固有の記憶と結びつき響きわたった。


Supported by 飛2

& noma CAFE http://noma-k.com/cafe/
606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町36-1
tel & fax - cafe 075-752-3157
  1. 2019/02/03(日) 17:30:00|
  2. イベント ライブ情報
次のページ
オンラインカウンター

  1. 無料アクセス解析 Powered by FC2ブログ.