京都から "飛2" の楽しいお知らせ♪

2014.08.14(木)Conguero Tres Hoofers LIVE @ きんせ旅館(京都)

20140814_knse400.jpg
20140814CTHura400.jpg

2014.08.14(木)Conguero Tres Hoofers LIVE @ きんせ旅館(京都)

19:00 open / 20:00 start

MUSIC CHARGE 前売り 3,000yen (要 drink order)30名限定

【LIVE】 Conguero Tres Hoofers : 渥美幸裕(Guiter),西岡ヒデロー(Percussion&trumpet),SARO(Tap dancer)

[前売ご予約・お問い合わせ]
きんせ旅館 : 075-351-4781
※HPのお問合わせ欄より、メールでのご予約も受け付けています。
ご予約はこちらから → http://bit.ly/rue2BU

20140814CTH_pics.jpg
【プロフィール】Conguero Tres Hoofers http://www.cth-japan.com/
CTH:世界初の楽器編成によるユニット。バンド名は[Conguero=コンガ(打楽器)叩き]、[Tres=ギター(の原型)]、[Hoofers=タップダンサー(の俗語)]に由来する。現代的ミクスチャー文化の街、東京で生まれた。


Conguero Tres Hoofers / JAPANESE MUSIC

●渥美幸裕(Guiter)
日本文化の過去と現在を繋ぎ、その延長線上にある音楽を創るべく2012年から京都に移住。
日本のルーツを体現するため、築130年の日本家屋「五右衛門邸」をアトリエ、スタジオ、生活拠点とし創作活動を開始。
1981年生まれ。10代よりスタジオミュージシャンとして活動する。
2008年 thirdiq(サーディック)始動。origami PRODUCTIONSから二枚の作品をリリース。
1stアルバムは伝説のサーファージェリーロペスのドキュメンタリー映画、2ndアルバムは伊坂幸太郎原作映画「ラッシュライフ」にそれぞれ起用される。また朝霧JAM、GREENROOMといった大型フェスに出演。
2010年 Conguero Tres Hoofers (コングエロトレスフーファーズ) 始動。
タップダンス(Saro)、パーカッション(西岡ヒデロー)、アコースティックギターという世界初の編成とフィジカルなパフォーマンスが話題となりFUJI ROCKに2年連続出演。2年目にはライフワークである幼稚園での演奏活動がきっかけとなりキッズランドに特設ステージが組まれることに。
フランスのTV番組 ”Jazzed out” に出演。
1st album「Classics from THe parallel world」はitunes ジャズチャートで1位を記録。2013年発表の2nd Album 「Selected Future is Love」もitunes ジャズチャートで1位を記録。暮らしをテーマに共同通信で6回記事連載。
2014年 奈良県障害者芸術祭にてsonihouseの12面体スピーカーを使った6.2チャンネルサウンドインスタレーション「34篇の ’すきなおと’ でつむがれた『音場』29分間(Sonic architecture : 34 chapters of 'my favorite sound' 29 minutes)」を発表。
また様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュースや、EDWIN CM、NHK WORLD「Design Talks」のオープニングテーマなど各方面に楽曲を提供。
ライフワークとして小学校での即興表現カリキュラムや保育園での音楽コミュニケーションを行う。京都市子どもの楽園にて、子どもが初めて叩くドラムとの即興セッション活動。
メロディ、リズム、ハーモニーという音楽構成を超え、音が人の心や身体に及ぼす影響や、食べ物が及ぼす、音や演奏への影響、時間の感覚など様々な角度から音を検証し、演奏活動、音源制作を行っている。

●西岡ヒデロー(Percussion&trumpet)
トランペットとパーカッションの両方をこなす。CENTRALというガレージサルサバンドがホームグラウンド。 これまで関わった主なアーティストは、BINGO BONGO、Love Tambourines、真心ブラザーズ、奥田民生、ムッシュかまやつ、和田アキ子、松浦亜弥、井手麻理子、YUKI 、Chemistry、奥山美奈子、eico、Little Big Bee、須永辰緒、Crazy Ken Band、Tom&Joice、KYOTO JAZZ MASSIVE、DJ KAWASAKI、藤井リナ、ROOT SOUL、Mano Arriba、金原千恵子、土岐麻子、青木カレン、由紀さおり、キマグレン、卍LINE、Conguero Tres Hoofers・・・などアンダーグラウンドからメジャーまで多岐にわたる。

●SARO(Tap dancer)
元ボーカル。
1982年東京で生まれる。
ソロワークをはじめConguero Tres Hoofers、SOUNDOUTのメンバーとして活動、その他、振り付け、演出なども手がける。
9才でタップダンスに出会い、10代後半までシアタースタイルタップを宇海光耀に師事。
のちに、パーカッシブなリズムスタイルに出会い、様々なタップダンサーから様々なスタイルを吸収。
その後、オリジナルで音楽的なタップを目指し、日本、NY、インド、オーストラリアなどで学び、より音楽的でコミカルなタップスタイルを確立。
彼は、ジャンルを問わず、日本を中心に世界各国のアーティストとコラボレーションしている。
彼のオリジナルなスタイルは、様々な分野から指示を得ている。
映画『座頭市』ラストシーンに参加。
香港のカウントダウンイベントにゲスト出演。
TV出演それなり。
DR JIMMY SLYDE来日公演『東京芸術劇場 中ホール』 SOLO 出演。
大衆演劇の花形、早乙女太一の舞台において、振り付け、タップシーンを担当。
2009.10年にギターリストMIYAVIのサポートメンバー『kavki boiz』として、3枚のCDをリリース。日本、世界ツアー(計14カ国)に参加。
MIYAVIと共に、UNIQLOにCM楽曲を提供。
総合格闘技『DREAM』のオープニングムービーに総合出演。
Conguero Tres Hoofersとして、2枚のCDをリリース(共にiTunes jazz chartで一位を獲得。)、FujiRock二年連続出演、NHK BS『エルムンド』出演、フランスのTV program 『jazzed out』 出演。
様々な日本ツアーを経て、2014年にはヨーロッパツアー、台湾でのミュージックイベントにゲスト出演と、活動の幅を広げている。



より大きな地図で きんせ旅館 kinseryokan を表示
きんせ旅館 http://www.kinse-kyoto.com/
京都市下京区西新屋敷太夫町80
075-351-4781


Supported by 飛2
  1. 2014/08/14(木) 19:00:00|
  2. イベント ライブ情報
オンラインカウンター

  1. 無料アクセス解析 Powered by FC2ブログ.